男女

学校により異なる費用相場

調理の専門学校は専門学校の中でも費用が高めです。年間100万円程度が相場ですが、それより高いところもありますし安いところもあります。極端に安いところは注意すべきです。それ以外にも何が学べるかなどを卒業生の進路などをチェックして選ぶとよいでしょう。

最新記事一覧

ウーマン

就職につながりやすい

調理関係の課程がある高校は多いですが、調理師免許がとれる高校はあまり多くありません。ですが資格がとれなくても、実践的であり就職に役立つため魅力があります。高卒資格がとれるか、就職のサポートはどうか、資格はとれるかなどを確認しておきましょう。

ウーマン

プロが指導

バリスタになると目標を掲げたのであれば、専門学校に通いましょう。このバリスタの専門学校を選ぶなら、プロが実践的な指導をしてくれるところがおすすめです。バリスタ専門学校では生徒一人一人が、すべての工程を覚えることで現場に出てすぐに通用するようになります。

ウーマン

学校選びに役立つ情報

調理の専門学校はいろいろな特色を持つものが存在します。その中から選んでいくには料理のジャンルを明確にし、就職先の多さを重視していくことも重要です。そして、働きながら学びたい人は夜間コースの有無を調べる必要もあります。

帽子

食に関係する進路選択

食はヒトにとって欠かせないものであり、食に関する仕事のニーズは多くある。知識だけでなく、技術を求められることも多い食分野なので、高校から専門的に学ぶことは意義深い。高校から食について学ぶのであれば、各都道府県に一校ずつ存在する調理師養成学科や、「食」を浅く広く学ぶ専門科を選ぶと良いだろう。

コーヒーの専門家

コーヒー

なるための早道

バリスタとは、コーヒーの専門家のことです。とはいえ、公式な資格があるわけではなく、言ったもんがちという風潮がなきにしもあらずです。ですが、一般的にバリスタというと、コーヒー豆やコーヒーの淹れ方に深い知識と技術があり、美味しいコーヒーを淹れられる人という認識を持つ人が多いです。カフェや喫茶店などでバリスタがいるとPRになります。バリスタになるのに学校に通う必要は必ずしもありませんが、学校に通うことが近道になる可能性はあります。学校に通えば、コーヒーの基本からフードの作り方、店舗コンセプトの作り方、カフェ経営に至るまで幅広く学べるためです。独学ですべて学ぶよりは効率がよいでしょう。また見逃せないメリットに、仲間と出会えて人脈が作れるというものがあります。独学で学んでいては仲間と呼べる存在はなかなか出会えないものです。ですが、学校にいけばともに学ぶ仲間ができます。学んでいる最中のモチベーション維持にも役立ちますし、実際に就職したりカフェを経営したりした暁には顧客作りに役だってくれる可能性もあります。情報交換することもでき、貴重な存在となるはずです。バリスタになるための学校では、たいてい講座終了時になんらかの資格が付与されます。一般への認知度は低いかも知れませんが、見る人が見たらわかるものであることが多く、アピールの一種にはなるはずです。こうしたアピールポイントとできるのもメリットといえるでしょう。

Copyright© 2018 バリスタの学校に通う【開業への近道を選択しよう】 All Rights Reserved.