最新記事一覧

食に関係する進路選択

帽子

早くから専門的な道を選ぶ

「食」はすべての人にとって欠くことのできない存在であり、中食や外食、健康志向や高級志向など人々の食事情が多様化するなかで食事や料理の提供者のニーズはますます高まっている。手に職を持つ調理師や栄養管理をする管理栄養士などは一生涯の職ともなり得る。そんな食に関する進路は、幅が広いようで、狭き門かもしれない。調理師には、知識だけでなく高い技術が必要だ。高校から専門的な知識と技術を身に着けることも決して損なことではない。高校から調理について学ぼうと思った場合、どのような選択肢があるのか。まず、普通科でなく専門科に進むことが望ましい。もちろん、普通科で過ごしながら独学をするのも良いかもしれないが、技術を積むには高校の授業の中で鍛える方が効率が良い。専門科であれば地域関係なく受験が可能である。次に、専門科の中でどの学科を選ぶかだ。現在、各都道府県には調理師養成施設を備えた高校が一校ずつ存在する。こういった学科では卒業と同時に調理師の免許を取得することができ、高校卒業後から調理師として働く若者も多い。ホテルなどに斡旋で就職することもある。他にも、「食」を多角的に、浅く広く学んでいくような教育課程を持つ科を選ぶこともできる。高校生が受験するような食に関する検定を受験し、資格を取得したり、コンテストに出場するチャンスも多いはずだ。また、浅く広く学ぶ分だけ、調理師にとらわれず、他の職業についても考えやすくなる。いずれにせよ、知識も技術も要することが多い食に関する職業に就きたいという場合は、高校から専門科で学ぶ方が良いだろう。高校で学び足りなければ専門学校や大学でさらに学びを深めることもできる。また、職場でも学び続けることができる。これを機に、専門科への進学を考えてみてもらいたい。

Copyright© 2018 バリスタの学校に通う【開業への近道を選択しよう】 All Rights Reserved.